読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの睡眠学習帖

寝言のようなことばかり言っています。

憧れの、野球部

今週のお題「部活動」

 

私は高校生のとき、すごく憧れている部活があった。

 

それは、野球部。

 

大阪に住んでいたこともあり、甲子園は、身近な存在だった。身近、といってもただ、「割と近い距離にある場所」というだけなのだけれど。

 

しかし。

私が通う高校には、なぜか野球部が存在しなかった。

 

体育系の部が無かった訳じゃない。

サッカー部やバスケ部、バレー部といったメジャーなものはある。

ラグビー部や、ハンドボール部といった、野球部よりは、メジャーとは言い切れない部もあった。

 

それなのに。

野球部だけ、存在しなかった。

私は女子なので、野球部といっても入部するならマネージャーだ。

マネージャーになりたかったか? と改めて考えてみると、多分、ちょっとした憧れがあったのだと思う。

 

マネージャーに憧れるなら、他の部のマネージャーになればいいのだと思うけれど、それは違った。

「野球部のマネージャー」に、憧れていたのだ。

 

もうー、みんなユニフォームどろどろだよ〜! とか

甲子園、目指そうね! とか。

……言ってみたかった。

 

あだち充の名作「タッチ」の南ちゃんみたいな存在になりたかった……が、

南ちゃんは、野球部のマネージャーじゃなくても新体操部の部員だった。

 

我が高校には、新体操部もなかった。

さらに、双子の生徒もいなかった。

 

「タッチ」みたいなシチュエーションは、そうそう起きるものじゃあないなあと、改めて思う。

現実は思うようには、いかないものだけれど。

私はダラダラとした華道部員として高校生活を謳歌したのだった。