読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの睡眠学習帖

寝言のようなことばかり言っています。

強い風の日だけで鳴りひびく音

f:id:yuzukarin:20170418105846j:plain

春の嵐だというほどの

強風が日本中に吹き荒ぶ。

 

せっかく咲いたばかりの

八重桜は、この強風に耐えらるのか心配になってしまう。

 

とてつもなく強い風がふく日だけ、

我が家の近くでは

いびつな音色が鳴り響く。

 

ビポォォォーーービポォォォーー

 

引越したばかりの頃、

何の音だかわからなくて

夜中、突然鳴りひびいたその音に

めちゃくちゃ怖くなった記憶がある。

 

ネコのカリンも、この音がひびくと

きょろきょろと不安そう。

 

大丈夫、大丈夫。

怖いのか、ネコは音がそっと近くに寄り添ってくる。

 

怖くないよ、そばにいるよと、ネコをあたまをそっと撫でる。

ネコは安心したように、ゴロゴロとのどを鳴らし始めた。

 

 

楽器の正体は、近くにそびえ立つ

鉄塔だった。

 

金属で組み立てられた、隙間を

風が通り抜けることで

不思議で、なんだか空恐ろし音色を奏でる。

 

ビポォォォーーービポォォォーー

 

何かの警告音のように、

突然、鳴りひびき、

そして、いつの間にか、鳴り止んでいる。

 

あなた、ちょっと気をつけなさいよ、と。

 

何につけろと言われるのですか?

 

それは、自分自身で考えなさい。

 

おもしろくもないのに、まわりに合わせて笑顔を作っていないか?

じゅうぶんに、体を休めているのか?

ネコのことは、きちんとみてあげられているか?

 

そう、言われているように感じるのだ。

 

強風世界からの警告音に

わたしは耳をすませるように

心がけたいと思う。