読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの睡眠学習帖

寝言のようなことばかり言っています。

お花見は、窓から。

「明日さ、雨じゃなかったら、お花見行こうかー?」

 

そんな会話を交わしていた4月8日、土曜日の夜。

私が住んでいる地域の、明日の天気予報は「くもり」となっていた。

 

うーん、まあ、小雨程度なら車で行けばいいしねえ……。

じゃあ、早起きして、いつも売り切れてるパン屋に行って、

ぐるっと、あちこち回ろうか?

どこかで買ったパンを食べれば、お花見気分になるんじゃない?

 

そんな話を、夫としていたのに。

 

日曜日。

朝、起きて、窓を開けなくてもわかる。

 

雨降ってるよー。

なんだか、毎年、なんだかんだ言ってお花見行けないよねえ……。

 

夫と結婚して8年目だけれど、

仕事だったり、法事だったりとタイミングが合わなくて、

お花見にいっしょに行けたことは一度もない。

 

ドライブがてら、お花見いってもいいけどねえ。

低気圧のせいで、頭も痛いし、体もだるい。

 

仕方ない。

今日の予定は、ナシにして、家でゴロゴロしていようじゃないか。

 

そういって、私は二度寝を決め込み、

夫は3DSモンスターハンターダブルクロスに没頭する。

 

せっかく桜咲いてるのに、もったいないかなあ?

なんとなく、気になって夫に話しかけてみるけれど

ゲームに夢中で、んー、と生返事。

まあ、この人は「花より団子」がモットーの人だから仕方ないか。

そもそも、いつも売り切れのパン屋に行きたかっただけかもしれないし……。

 

ちょっとがっかりしながら

ダラダラ過ごしてしまう日曜日。

 

せっかく、外は桜が満開なのになあ……

 

あ!

 

そういえば? 

ひとつ気になることがあって

窓の外を覗いてみる。

 

やっぱり!

 

裏のおばあちゃんの家には、小さな鉢植えの八重桜があって

ちょうど、ほころび始めていた。

 

ソメイヨシノよりも、開花の時期が少し違うのよって

去年おばあちゃんが言ってたのを思い出してよかった!

 

大きな公園に行かなくたって、

桜並木の下を通らなくっても、

 

こうして、ぽちりと咲き掛けている

桜を眺めるだけでも

本当は、じゅうぶんなんだよね。

 

ゲームをやりすぎて目が痛いと言っている夫を呼んで

二人で窓の外を眺める。

 

「桜じゃない花でもいいから、お花見行けたら行きたいねー」

そう私が言うと、夫はすぐに

「じゃあ、おいしいパン屋を探しておくから!」

そういって

おばあちゃんちの桜を眺めていた。