読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひろこの睡眠学習帖

寝言のようなことばかり言っています。

読書はリスのように

このブログのタイトルを「睡眠学習帖」とつけたのには、いくつか理由があります。

 

今回は理由のひとつをお伝えしようと思います。


その理由とは、ズバリ!
「寝ているあいだにアイデアが受かぶようになるには、どうすればいいのか?」という、あまりにもズボラなものなんです。

 

......アホすぎますよね。
寝てるんやから、アイデアも何もないやろ! と怒られてしまいそうです。

 

 

しかし。
しかしですよ。


私の勤め先の社長は「夢の中で見たアイデアがいけそうだったから、まとめてみたよ」と平然というんです。

 

はじめて聞いたときは「あー、なんかヤバイ会社に入っちゃったな、こりゃ」と思いましたよ。夢のご神託とか、なんだか宗教じみた話が始まるのか、かなりヒヤヒヤしていました。

 

だけど、よく聞いてみるとご神託でもなんでもなくて。普通にアイデアが湧いてくるんだそうです。夢の中で。

 

う、うらやましい!!

 

でも、それはいつでもできるわけじゃないそうです。トレーニングしてできるものでも、なさそうです。


いろいろと悩んで、だいたいアイデアは出てるんだけど、あと一歩足りないんだよなあっていう時に夢でバチーーンとはまる……そうです。

 

 

……ムリ。凡人には、そんなんムリ。

 

いや、しかし、何とか、それを体得するためのコツを知りたい!

これができるようになれば、すっごく良い気がします。


社長に問い詰めてみたところ

「寝る前に本読んだり、家族に付き合ってドラマ見たりするから、それが意外と良いのかも」と。

仕事と関係ありますか?

「おんなじことばっかり考えててもループするだけだから、全然違うこと考えてたり、一回リセットする感じかなあ。でも無意識の中にはいつも問題はある感じにするの」


ほー。いいこと聞きました。

それ以来、私はだいたい眠る前に本を読むようにしています。同じ本をグッと読み込みたいこともあれば、何冊か平行してアレコレつまみぐいのように読むことも多いです。

読みたい本や、読みかけの本を何冊も枕の下にそっと隠しています。

 

そのために、慌ててふとんを畳もうとすると、バッサバッサと本が落ちてきます。

中には「あ! この本、途中になってた!気になってたんだよねぇ」というような本も出てくることも……しょっちゅうあります。

まるで冬眠前のリスのようです。

隠していた宝物を忘れてしまうなんて。

 

いえ、ただ単純にズボラなだけですね。おはずかしい。

でも、枕の下にそっと、大好きな本を入れてふくふくした気持ちで眠りにつくのは、とても暖かな気持ちになります。

まだアイデアを出すまでには体得できていませんが。


みなさまも、ぜひ一度お試しあれ。